忍者ブログ
きままにきまぐれに。 ひよこのぼやきです。
30 . August
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

28 . April


やっとひよこのプロポーションを理解しました。
肉団子4つに頭がついてるのね。
PR
02 . February
牛革製のポストカードホルダーを作ります。

<必要なもの>
・牛
・手







牛革を用意します。








絶ち線をいれます







切ります








縫います








組み立てます



 

組み立てます








使います




便利!!!!!




----------
牛革のはぎれで厚いものがちょうどあったので、
素材の形を生かして作る試作もかねて制作。
コストと時間を考えるとまだまだ習熟が足りませんが、
パズルのように切り出しを考えたりするのは楽しいですねー。

今回は装飾少なめで。
自立するうえにかなり丈夫にできたので、ちょっとオーバースペックかな。
次は長いステッチを曲線でいれてみたいような。


.
19 . January
ちょっとペーパークリップがほしくなって、
思うような形のものがなかったので、
よし、自分で作ってみよう! ということで。

ステンレスの針金を買ってきて、ぐいぐいまげております




だんだんレパートリーも増えてきて、いい感じに。




まだ炙って色をつける加減がむずかしくて、
思ったような色にうまくできません。

大きいものを作るとなると、硬化処理も必要かな?
アイデア勝負で、おもしろい形のものを作ろうとして
あまりにも複雑になって、二度と同じものができなさそうになったり。

ただの針金なんですけどね。おもしろいです。
23 . December
DIYが進むところまで進むと、趣味でそれなりのものが作れるようになりますね。

今の時代、パソコンの性能も上がって、3Dプリンタなんかもあって。


それでもやっぱり、道具の性能がよくなっても、使う人の器用さは重要。
自動運転の生産機械であっても、器用な人なら複数台を同時に管理したり、
調子の悪いところをささっと治してみちゃったりして。
使う人の腕でいろんなところに品質や生産性の差がでてきます。
では道具の性能に頼るのがダメなのかというと、それはそれで別で。
よい道具をそろえることが、まずはじめに一般的な限界を大きく決めます。
その中で、道具の性能だけでない器用さが加わって、形になっていきます。
 
 
もちろんよい道具があっても、使う人の器用さによって限界ができます。
お店から勝手に家まであるいてきて、勝手に準備して作業して、
勝手に片づけるロボットみたいなのができたとしても、
日付の入力をまちがえてみたり。
 
使う人がとても器用だと、道具じゃないものが道具になってみたりもします。
ただの棒が楽器になってみたり、石がナイフになったり。
道具は、器用さを物にこめた塊みたいなものでしょうかね。
 
 
器用さの最もはじめの段階は、触れることができるということ。
手に取ってみたり、いじりまわしてみたりできるということ。
 
それはきっと、知りたいという欲求、知ろうとする意識の
現れなんじゃないかな、などと思ったりするこのごろです。
01 . July
いままでずっと使っていたギターが、
ヤマハのエレキギターでちょっと珍しい型のものだったんですが、
まぁライブでふりまわす程度なのでこれでいいかなーという感じで
それなりに安物を工夫してつかっていました。

録音するときはいいギターをギタリストごと借りますしね。
ライブならまぁそこまでいいかなーと。

高いギターでも足元失敗してて音が微妙、なんて人も多くて
安物ギターなのにPAさんに「いい音ですねー」なんて言わせて
ちょっと面白がったりするのがたのしかったりしてたのですが。

やっぱり、いい音!ってのとは違うなーというのがどうしても。
特にベースがいい音だとね、やっぱりね、迫力が出ないというか。
安い割にはパワーがあるので、メタル系なら大丈夫なんですが
クリーンとかクランチになるとやっぱり粗がでますねー

で、そんなわけで、
とりあえず手ごろな価格帯でライブ用を探すことに。


楽器屋をめぐってみたら、
思ったよりもよさそうなやつがいるじゃないの!

ということでちょっと前に買いました。
こちら。


ギブソン、 レスポール・スタジオ・デラックス '60s neck

guitar.jpg

色はチェリーサンバースト
この型では本数の少ない色だそうです。


いわゆるレスポール・カラーのはずなのですが、
コイル・タップでハムバッカーとシングルを切り替えられるという
ギブソンレスポールにしてはちょっと邪道な感じの機能ゆえ
シルバーとかワインレッド系の色のほうが多いみたいです。

音はというと、やはりギブソンレスポール、って感じの音で
ライブでひきたおすのにもってこいなわかりやすい音ですね。
シングルにしても、クランチで表情よく鳴るので楽しいです。
上を見れば音の良し悪しはありますが、この価格帯で
これだけ一本で使いまわせるというのはライブですごく重宝。


これでまたライブでふりまわす主力がふえました。
19 . March




コンビにの棚が完全にカラっぽだったので、それを撮って友人に送りました
ものすごく驚かれたので、とりあえずいろいろ詰め込んでもう一回送りました
コンビにに商品がない程度のことなので、心配しなくていいよと言ったら
こういう発想をする脳のほうが心配だと言われました。

物の不足はありますが、こちらは元気です
被災地の状況がはやくよくなってほしいですね

03 . February
色で気に入っていたベースがあったのですが、これが生産終了品で、
しかもちょっと珍しい型だったのでなかなか見つけられずにいました。
通販ならいくつかあったのですが、やっぱり手にとって鳴らしてみたい。

みつからないのなら、別のものにしようかなーとも思いつつ、
つい先日、横浜へいく機会がありまして。

そしたら、その横浜の楽器店に突然のように中古が入荷したらしく、
さっそく着くなり確保!



bass.jpg


フェンダー・ジャパン、エアロダイン AJB-DMCの紫です。

思ったのとはちょっと違う音だったのですが、これはこれでありかな。
もうね、音より色でしょう。

前の持ち主がそんなに使い込んだわけではないのかな?
表面はすごくきれいな状態だったのですが、ボディの鳴りという点で見ると
まだちょっともっさりしてる感じがあるので、もうちょっと鳴らしていって
そこそこにいい音になっていけばいいなー

これからいろいろ部品をとりかえて、ライブでふりまわす主力になる予定です
カレンダー
07 2014/08 09
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HIYO
ぽろろんちょ。

 -----------------------------

・【pixiv】 hiyo_hiyoproをフォローしましょう


・Hiyoproduction■gmail.com

 ------------------------------
Pixiv
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ

最新TB
(06/22)
RSS

 Click
to subscribe RSS feed
リンク

※リンクはご自由にどうぞ
連絡下さればこちらにも貼ります
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]クレジット Android